So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

青春18きっぷの旅 千葉〜茨城〜福島〜新潟〜群馬〜埼玉 その4(磐越西線) [鉄道・旅行]

会津若松では、駅前にある「フジグランドホテル」に宿泊

ここはお勧めである。

1.ほんとうに駅前にある。
2.1泊5000円であるが、近くの日帰り温泉施設の入浴券がついている。
3.ホテル内の中華料理屋の「発泡酒中ジョッキ券」もついている

などのいいところがある。施設は古めで、客室はオートロックではないが、清潔である。

続きを読む



青春18きっぷの旅 千葉〜茨城〜福島〜新潟〜群馬〜埼玉 その5(鮭の焼漬弁当と上越線) [駅弁]

1137に新津駅に着き、早速改札を出て、駅弁を買いにいった。新津駅は、駅弁が豊富なのである。

以前にも食べたことがあったが、おいしかった印象があったので、鮭の焼漬弁当にした。

PA0_0168.JPG
三新軒製。990円。

続きを読む



青春18きっぷの旅 千葉〜茨城〜福島〜新潟〜群馬〜埼玉 その3(よしのぶ弁当と水郡線) [駅弁]

水戸駅は、最近ふえている橋上駅だった。まず改札を出て左に行き、ローソンを発見。フトコロが寂しかったので、お金を下ろした。

駅構内に戻り、改札を背にして左側にある駅弁屋で物色。ちょっと悩んでから、5〜6年前に食べたことのある、「よしのぶ弁当」を選択。

PA0_0145.JPG
よしのぶとは、高橋由伸ではなく、徳川慶喜のこと(当たり前か)。

続きを読む



青春18きっぷの旅 千葉〜茨城〜福島〜新潟〜群馬〜埼玉 その2(鹿島神宮) [鉄道・旅行]

千葉駅934発の1531Mは、4両編成だった。が、長いホームのどこに止まるのか(どこから乗れるのか)、とてもわかりにくかった。千葉駅には善処をお願いしたい。

この電車は、鹿島神宮行き。つまり、鹿島線直通である。香取駅までは、とくにおもしろい風景はなかった。鹿島線にはいると、北浦の鉄橋の景色が雄大だったのが印象に残った。

鹿島神宮駅には1108着。ここで鹿島臨海鉄道に乗り換えるのだが、発車は1143分で、35分ほどあいている。

そこで、駅から徒歩8分のところにあるという、鹿島神宮まで行ってみることにした。

PA0_0149.JPG
その途中にあった、地元の英雄・塚原朴伝の銅像。

続きを読む



青春18きっぷの旅 千葉〜茨城〜福島〜新潟〜群馬〜埼玉 その1(千葉駅のやきはま丼) [駅弁]

テツの鉄則は、早起きである(あるいは、あるべきである)。

せっかく乗るなら、外が明るいほうがいい。しかも、ローカル線は6時ごろに出発する列車が多い。だから、早めに起きて、早めに一日の旅程を終了するのが効率的なのだ。

しかし、私は早起きが苦手である。今回、1泊2日の一人旅をするにあたり、ひばりヶ丘を7時半くらいに出る電車に乗る予定にしていたが、トイレが長引いて、1本乗り遅れてしまった。

それが響き、本当は銚子電鉄に乗る予定だったのが、間に合わなくなってカットする羽目に。出だしからつまずくことになった。

最初に、1日めの行程を記しておくと、

ひばりヶ丘→池袋→秋葉原→錦糸町→千葉→香取→鹿島神宮(ここで鹿島神宮観光)→水戸→常陸太田→上菅谷→郡山→会津若松
(泊)

である。本来は、ここに銚子電鉄が加わる予定だったのだから、われながら恐れ入る。

さて、乗り遅れたおかげで、千葉駅で少し余裕ができて、駅弁を選ぶことができた。

千葉といえば、万葉軒の「やきはま弁当」(900円)が有名である。私は以前に食べたことがあるが、思い出の品でもあり、これにしようと思った。

が、駅のコンコースにある駅弁屋では売り切れていた。店のおばちゃんは、「ごめんね、やきはま丼ならあるんだけど、200円高くなっちゃうしねぇ」といいながら、やきはま丼を強力に勧めてくる。

私が躊躇していると、しきりに「高くなってごめんね」とくり返す。実は、値段よりも思い入れが問題だったのだが。けっきょく、ほかの弁当よりはいいだろうと思い、やきはま丼にした。

PA0_0154.JPG
大きなハマグリの形をしている。

続きを読む



お好み焼き 和@茗荷谷 [おいしいもの]

茗荷谷駅を出て、目の前の横断歩道を渡って左に行き、交番の手前を右に曲がって右を見ながら歩いていくと、「焼肉 和」がある。「お好み焼き 和」は、その上、3〜4F部分にある。

この店には、私が高校生大学生のころ、水泳部の先輩後輩とよく通った。その当時は、お好み焼き屋といえばこの店しか知らず、味についてもとくに印象はなかった(そんなにおいしいとは思っていなかった)。

しかし先日、何年かぶりに水泳部の先輩後輩(15〜61歳)25人くらいと行く機会があり、思いのほかおいしかったので、驚いたしだいである。

PA0_0116.JPG
お好み焼きです。自分たちで焼いて食べます。

続きを読む



「食べ鉄」宣言!とは? [基本理念]

「乗り鉄」「撮り鉄」「模型鉄」・・・。鉄道ファンにはいろいろなジャンルがあるが、「食べ鉄」というのは、あまり知られてないと思う。

これは、「乗り鉄」の一種であるが、そのなかでも、駅弁を食べたり、駅のそばでラーメンを食べたりと、人生でも大事な「食」も楽しもうとする人たちのことである。

「では、近所のラーメン屋に電車で行ったらどうなるのか?」「飛行機を使ったらどうなるのか?」などと、細かい問題はあるが、とりあえず、「鉄道と食」に関する雑文をダラダラと書き連ねたいと思う。

続きを読む



みそかつ&えびふりゃ〜@名古屋 [駅弁]

名古屋名物といえば、みそかつとエビフライである。がっつり系としては、これが双璧であろう。

それらを一度に食べられるのが、「みそかつ&えびふりゃ〜」である。

PA0_0134.JPG
注目すべきは、「弁当」という名はついてないことである。

続きを読む



秀鮨@射水市新町口 [おいしいもの]

万葉線の新町口から少し海側へ歩いた裏道に、秀鮨はある。私はここで、地元の人にごちそうになったときのことをご紹介したい。

PA0_0076.JPG
巻き貝となんか魚の煮こごり

続きを読む



高山本線を完乗(ただしワイドビューひだ号で) [鉄道・旅行]

高山本線は、全長225キロあり、全線を直通するのは特急列車しかない。各駅で行くと、2回ほど乗り継ぎをして、6時間はかかる路線である。

しかし、飛騨の山中を走る風光明媚な路線でもあり、いつかゆっくり乗ってみたいと思う。今回は、とりあえず特急で乗りつぶしたしだいである。

PA0_0135.JPG
富山駅の3番線から発車。3番線はとてもわかりにくい場所にあった。

続きを読む



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。